Niseko Influencer Torah Bright Ski Snowboard 1

冬のシーズンに備えるウォーミングアップ

2019年 10月 28日

冬が近づいていますね!今年は9月に初冠雪が発表され、羊蹄山の山頂にも雪が積もり始めました。

既にパウダースノーを待ち望んでいる方は、レッスンなどの予約準備をされているかと思います。この準備に伴い体調管理もおこなわなければなりません。ゲレンデで4〜6時間耐えれる体づくりを意識し、みなさまが怪我のない休日を過ごせることを願います。

実際に多くの人がスロープを楽しむことによって筋肉痛や体の痛みに悩まされています。事前にご自身の体を鍛えることによってこのようなリスクも減り、世界一のパウダースノーを思う存分楽しむことができます。毎年たくさんの方が休暇の初日に怪我をするのをよく目にします。その原因は、体がシーズン前のコンディションに対応していないか、ゲレンデに到着する前に十分なウォームアップを行っていないことが考えられます。

Skier

休暇の数週間前から数ヶ月前に適度な運動を行うと、怪我のリスクも減り筋肉の過労による痛みも最小限に抑えて、充実した休暇を過ごせます。

特に脊髄や首、腰のまわりの関節の固くなっている部分をよく動かしたり、筋肉のバランスを整えるような運動が、痛みの予防やしびれの改善に役立つと考えられています。これらの部分は直立しているときや転倒したときに、動きを促進し力を吸収するうえで重要です。運動が行われないまま転倒した場合、膝、手首、肩などの関節を痛めることもあります。

適切な運動は血液循環を改善し、筋肉の温度を上げ関節を滑らかにし、前日のスキー、スノーボードで使った筋肉を緩和するのにも役立ちます。 シーズン前の準備に役立つよう、Focus Physioはいくつかのエクササイズ動画をご紹介します。週に3〜4回以下のエクササイズを行うようにしてください。

1. Bridging with hip mobility

2. Z-hip mobility

3. Standing knee tuck

4. Lunge with trunk twist and side bend

ゲレンデに出る前のストレッチやスキー、スノーボードを終えた後のストレッチが必要な場合は、マッサージクラスやピラティスリフォーマクラスをご予約いただけます。 万が一怪我を負ってしまいマッサージが必要な場合は、理学療法士の資格を取得したフィジオセラピストが対応いたします。

ニセードのお客様限定!2019年11月20日までにマッサージ、ピラティスセッション、またはフィジオを事前予約すると20%割引となります。予約する

詳細はメールでも受け付けております。[email protected]

TEL: 070 1477 8880
Web: www.focusphysio.co.jp

関連する記事

お得な情報や最新情報をお届けいたします。

SNS